HTMLとは

ホームページ作成に欠かせないHTMLとは、HyperText Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略語で、ウェブ上のドキュメント(ホームページ)を記述するためのマークアップ言語です。ホームページはすべて、このHTML、またはそれに準拠した言語で書かれています。ウェブの基幹的役割を持つ技術の一つでホームページ制作には欠かせない技術といえます。ホームページ作成に適したパソコンやゲームPCはゲームをよくやる方には必須のPCとも言えるでしょう。
HTMLでマークアップされているドキュメント(ホームページ)はほかのドキュメントへのハイパーリンクを設定できるハイパーテキストという位置づけで、画像・リスト・表などの高度な表現力を使ってホームページを制作することができ、ウェブで使用される各種技術の標準化を推進する為に設立された非営利団体であるW3Cでは、XMLベースの規格であるXHTMLを使ったホームページ制作の勧告も行っていて、HTML5も策定中であるといわれます。
スマートフォンの市場拡大に伴い、技術者は早くから対応しておく必要があるでしょう。

ホームページに関する技術を標準化しているW3Cの設立は、近年のインターネットの基礎技術を確立しそれを無償で公開したティム・バーナーズ=リーの努力によるところが大きいといえます。彼は、欧州原子核研究機構における中心的な活動にも係わっている人でもあります。彼がスイスのCERNに勤めている時に、研究論文の蓄積のために、情報を探すのに苦労し、文書から文書へ飛べる仕組みを開発したのです。これがハイパーリンクの始まりでした。その後の1989年に、グローバルハイパーテキストプロジェクトが始動したのです。そして、1993年Mosaicが開発されると、それは瞬く間に広がりをみせ、ホームページを見るためのブラウザ開発者たちが次々と新しいタグを導入していくのです。ですが、あまりにもオープンにタグを作ってしまったために、今度はWebページ開発者たちが苦労し始めてしまい、そのため、タグを標準化する必要性があるという理由から技術を標準化する機構W3Cが設立されました。

 

話がずれましたが、ホームページ制作におけるHTMLの説明に戻りましょう。HTMLの特徴は、ハイパーテキストを利用した、相互間文書参照のフレームワークといえるでしょう。ハイパーテキスト (hypertext) とは、複数の文書(テキストやホームページなど)を相互に関連付け、結び付ける仕組みのことで、「テキストを超える」という意味から"hyper-"(〜を超える) "text"(文書)と名付けられています。このホームページからホームページのマークアップはプレーンテキストの文書を要素で括って意味付けすることで行い、文書(ホームページなど)の特定要素にURIを用いた他文書へのリンクを記載しておくことで、ユーザエージェントはそれを解釈して指定された他文書を表示させる事ができます。また、マークアップをする際に引用や画像の埋め込んで、ホームページのタイトルの指定などを定める要素を記載すれば、ユーザエージェントがそれらを解釈して、形態に見合った表示を行ってくれます。HTMLはこのようなマークアップの規則を定めており、ホームページ制作の現場では最も重要な技術といえるのです。

 

マークアップ規則は、文書構造(文書型)を定義するためのスキーマ言語の一つであるDTDとして公開されていて、ホームページの要素ごとに記載することの出来る属性や、内容に含むことの出来る要素などが定められています。XHTML1.0では、厳密なも(Strict)、HTML 3.2からの移行過渡期のためのもの (Transitional)、フレームを用いた文書のためのもの(Frameset)といった3つのDTDが定義されています。HTML要素は開始タグ、内容、終了タグの三つで構成されてホームページの形を作っており、開始タグ・終了タグはそれぞれ <要素名>, </要素名> のように表現され、必要であれば、要素に付加する特性を現す属性を記述する、属性は開始タグの中に、要素名に続けて属性名と属性値の組み合わせを書く、そしてホームページの要素名と属性名については大文字と小文字を区別しません。属性値については、属性によって大文字と小文字を区別するかどうかが個別に定められ、要素によっては、文脈上一意に特定できる場合は開始タグや終了タグを省略できます。内容を持たず開始タグのみで構成される空要素も存在し、さらに一部の属性についても属性値の省略が可能となっています。

ホームページ制作会社とは

上記のような専門知識を生かし、仕事としてホームページを作っているのが、ホームページ製作会社です。全国どこにでもあると思われます。もし立派なホームページがほしいのであれば、依頼してみるといいでしょう。

recommend

Qoo10

スマホ買取 三宮

最終更新日:2017/8/18